トニー・ベネット(vo) 『The Tonny Bennett/Bill Evans Album』


トニー・ベネット(vo) 『The Tonny Bennett/Bill Evans Album』

 あの大物歌手トニー・ベネットが、ビル・エヴァンスのピアノを伴奏に唄って話題となった。エヴァンスの得意なレパートリーからベネットがピックアップして唄うスタイルの異色作で、スウィングが身の上のベネットが、エヴァンスの沈静化したリリシズムに引っ張られている様子。エヴァンスと共演すると、誰であれ知的にインテリっぽくなるから不思議。[6][7]など、すっかりアルコールが抜けてしまった感じのベネット。しかしながらサイ・コールマン作の[4]はさすがの唄いっぷり。 ★★★☆☆


« ジョン・ルイス(p) 『The John Lewis Piano/Jazz Piano International』 | メイン | サージ・チャロフ(bs) 『Blue Serge』 »

コメント