ジョン・ルイス(p) 『The John Lewis Piano/Jazz Piano International』

ジョン・ルイス(p) 『The John Lewis Piano/Jazz Piano International』

 MJQからミルト・ジャクソンが抜け、代わりにバリー・ガルブレイスまたはジム・ホールのギターを入れた編成。MJQよりさらに詩的で静かな印象の作品だ。ピアノとシンバルが戯れるデュオの[1]はまるで童話絵本のよう。続く[2]でパーシー・ヒースのベースが、あくまでも低く静かに「ズーン」と入ってくる。ピアノが控えめな音量で、こちらはピアニッシモを聴く体勢で居るから、このベースの「ズーン」が凄く巨大に感じられるのだ。[5]は一小節遅れてギターが入ってくる「輪唱」の手法が面白い。『Jazz Piano International』とのカップリングで、残念ながらこちらは未聴。 ★★★★

1.Harlequin
2.Little Girl Blue
3.Bad and the Beautiful
4.D & E
5.It Never Entered My Mind
6.Warmeland (Dear Old Stockholm)
7.Two Lyrics Pieces [A] Pierrot [B] Colombine
8.Jeff and Jamie
9.Thirty-Six Days
10.Fontaineblow
11.There Will Never Be Another You
12.Monsieur De
13.Gone With the Wind
14.Don't Explain
15.What's New?
16.Chelsea Bridge
17.Foggy Day
18.Jumpin' at the Woodside

Barry Galbraith,Jim Hall (g),John Lewis (p),Percy Heath(b),Connie Kay(ds)
[Atlantic] 30.Jul.1956, 24.Aug.1957. Engineer:Van Gelder,John Kraus Photo:William Claxton


« ジミー・スミス(org) 『House Party』 | メイン | トニー・ベネット(vo) 『The Tonny Bennett/Bill Evans Album』 »

コメント