ジュリー・ロンドン(vo) 『Love Letters/Feeling Good』
Amazonで詳細を見る
ジュリー・ロンドン(vo) 『Love Letters/Feeling Good』

 トータルな意味でジュリーの歌手としてのベストはこの『ラブ・レターズ』じゃないかと思う。すでに30代半ば、唄い方がだんだんと姉御肌になってきているが、なにより表情が豊かでノッてレコーディングに臨んでいるのが良い。[1]の怨念のような出だしは鳥肌モノ。これも2in1CDで、[13]からの『フィーリング・グッド』とのカップリング。ハービー・ハンコック作の[18]ではなんとジュリーがハモンド・オルガンでソロをとっている。あんまり上手でもないのだが、なんとも頼もしい限りである。 ★★★★

1.I Loves You Porgy
2.And That Reminds Me
3.Love Letters
4.Broken-Hearted Melody
5.The Second Time Around
6.Fascination
7.What A Difference A Day Made
8.Never On Sunday
9.Hey There
10.All The Way
11.I Miss You So
12.Come On-A My House
13.My Kind Of Town
14.Girl Talk
15.King Of The Road
16.I Bruise Easily
17.Feeling Good
18.Watermelon Man
19.She's Just A Quiet Girl (Mae)
20.Summertime
21.Hello Dolly
22.Won't Someone Please Belong To Me

Julie London (vo),Bobby Troup (arr)
[Liberty] 1962. 1965.



« ベニー・グッドマン(cl) 『The Benny Goodman Story』 | メイン | フランク・シナトラ(vo) 『Swing Easy/Songs for Young Lovers』 »

コメント