ベニー・グッドマン(cl) 『The Benny Goodman Story』

ベニー・グッドマン(cl) 『The Benny Goodman Story』

 ジャズを題材にした映画で、おそらく一番有名なのは「五つの銅貨」、次が「グレン・ミラー物語」で、その次くらいにこの「ベニー・グッドマン物語」が来る。しかしデッカからリリースされたオリジナル・サウンドトラックに不満を持ったB.G.本人は、新たに「ベニー・グッドマン物語」と題した本作をキャピトルに録音。こちらのほうが代表作になってしまった。魅惑の歌姫マーサ・ティルトンの[2]、邦画「スイング・ガールズ」でも見せ場に用いられた[4]、ハリー・ジェームス、ライオネル・ハンプトンらの参加など、聴き所満載。国内盤あり ★★★☆☆

1.Down South Camp Meeting
2.And the Angels Sing
3.Goodbye
4.Sing, Sing, Sing
5.Shine
6.One O'Clock Jump
7.Bugle Call Rag
8.King Porter Stomp
9.Let's Dance
10.Don't Be That Way
11.It's Been So Long
12.Sometime's I'm Happy
13.Goody Goody
14.Avalon
15.Moonglow
16.Alicia's Blues
17.Memories of You
18.China Boy
19.Seven Come Eleven

Benny Goodman (cl),Harry James,Chris Griffin,Billy Butterfield,Bernie Privin,Doc Severinson,Bernie Grow,John Durante,Carl Poole,Jimmy Maxwell,Ruby Braff (tp),Urbie Green,Will Bradley,Lou McGarity (tb),Hymie Shertzer,Milt Yaner (as),Al Klink,Peanuts Hucko,Boomie Richman (ts),Sol Schlinger (bs),Dick Hyman,Morrie Wechsler,Mel Powell (p),Tony Mottla,Al Caiola (g),Milt Hinton,George Duvivier (b),Bobby Donaldson,Don Lamond (ds),Martha Tilton (vo),Lionel Hampton (vib)
[Capitol] 7,8,12,14.Dec.1955.


« フレディ・ハバード(tp) 『Hub Cap』 | メイン | ジュリー・ロンドン(vo) 『Love Letters/Feeling Good』 »

コメント