インク・スポッツ(cho) 『Whispering Grass』

インク・スポッツ(cho) 『Whispering Grass』

 ずいぶんと古いジャズコーラスグループだが、プラターズのようにメンバーを入れ替えて現在も活動を続けているらしい。数曲聴けばわかる驚異のワンパターン。それでも不思議に飽きがこないのはさすが。映画「ショーシャンクの空に」にも挿入された[17]が特に有名。たしか「L.A.コンフィデンシャル」の冒頭シーン、カーラジオから流れる音楽も本盤の[1]だったと思う。[5]はラジオドラマのように楽しい寸劇のよう。きっとこのグループにはアメリカ人のノスタルジーを呼び起こす強い何かがあるんだろうな。 ★★★☆☆

1.Bless You
2.Stop Pretending (So Hip You See)
3.That Cat Is High
4.When the Swallows Come Back to Capistrano
5.Mama Don't Allow It
6.My Prayer
7.Whispering Grass (Don't Tell The Trees)
8.We Three (My Echo, My Shadow and Me)
9.I'm Getting Sentimental over You
10.Java Jive
11.With Plenty of Money and You
12.Keep Away from My Doorstep
13.Do I Worry?
14.I'll Never Smile Again
15.Don't Let Old Age Creep up on You
16.Maybe
17.If I Didn't Care
18.Stompin' at the Savoy
19.Coquette
20.Swing High, Swing Low
21.Your Feet's Too Big
22.When the Sun Goes Down

The Ink Spots (cho)
[Flapper] 1936-1940


« マイルス・デイヴィス(tp) 『1958 Miles』 | メイン | サド・ジョーンズ(tp) 『The Magnificent Thad Jones』 »

コメント

渋いところにコメントありがとうございます。
このあたりはあまり詳しくないんですが
ミルス・ブラザーズとかバーバーショップカルテットってことで縁がありますね(笑)

投稿者 Master : November 5, 2006 11:17 AM

はじめまして

このワンパターン、ほんとに飽きないですね。この時代に音楽を聴いていた人には相当なじみがあったようで、Glenn Miller にコピーされたりしていますね。

投稿者 iKO : November 5, 2006 01:09 AM