スー・レイニー(vo) 『Happiness is a warm Sue Raney』

スー・レイニー(vo) 『Happiness is a warm Sue Raney』

 16歳のときにキャピトル・レコード専属となり、23歳までに三枚のLPレコードを録音。その三枚目の通称”お風呂のレイニー”『オール・バイ・マイ・セルフ』のアレンジおよび指揮を務めたラルフ・カーマイケルがフィリップス移籍第一弾の本作でも引き続きバックを受け持つ。'64年ともなればブラスを中心としたビッグバンド・アレンジも、古めかしいそれとは違って随分とモダンになっている。端正な美人声なのに、この安定感にしてこの大胆さ。わたしのフェイバリット・シンガーの一人だが、レコードが少ないのが残念。  ★★★☆☆

1.ビー・ウォーム
2.ビューティフル・フレンドシップ
3.サンデイ・イン・サヴァンナ
4.世界は日の出を待っている
5.ローナズ・ヒア
6.アイム・ペインティング・ザ・タウン・レッド
7.ウェイト・ティル・ザ・サン・シャイン・ウィリー
8.ベター・ラック・ネクスト・タイム
9.アズ・ロング・アズ・アイ・リヴ (As Long as I Live)
10.スタチュー・オブ・スノウ
11.マイ・フューチャー・ジャスト・パスト
12.アイム・イン・ラヴ・ウィズ・ザ・オーナラブル・ミスター・ソー・アンド・ソー

Sue Raney (vo),Ralph Carmichael (arr,cond)
[Philips] 1964.NYC.


« 「A&Vヴィレッジ」2005年11月号発売 | メイン | JimmyJazz blogはサトゥール(Satour)を断固支持します »

コメント

スー・レイニーのディスカヴァリー盤が目出度く復刻するようです!宣伝みたいになりますが、うれしいニュースですので共有させて頂きます。

投稿者 ALBERT MARX  : February 15, 2012 06:19 PM