チェット・ベイカー(vo,tp) 『It Could Happen to You』


チェット・ベイカー(vo,tp) 『It Could Happen to You』

 取り立てて優れた内容でもないけれど好きなレコードというのがあって、これなんかもそう。リバーサイド専属になっての第一作。パシフィック時代にはやらなかったスキャットを取り入れているが、まだ馴れていのか自分のものになってない感じがする。危なっかしい。ハラハラしながら聴いてるとトランペットが出てきて、おお、チェットってこんなにラッパが巧かったのだなと感激する。相手が誰であろうがファンキーなフレーズを連発するケニー・ドリューのピアノも良い。  ★★★☆☆

1. Do It the Hard Way
2. I'm Old Fashioned
3. You're Driving Me Crazy
4. It Could Happen To You
5. My Heart Stood Still
6. The More I See You
7. Everything Happens To Me
8. Dancing on the Ceiling
9. How Long Has This Been Going On
10. Old Devil Moon
11. While My Lady Sleeps [Take 10][*]
12. You Make Me Feel So Young[Take 5][*]

Chet Baker (vo,tp),Kenny Drew (p),George Morrow,Sam Jones (b),Philly Joe Jones,Danny Richmond (ds)
[Riverside] Aug.1958. Engineer:Jack Higgins(Reeves Sound Studios)


« バーニー・ケッセル(g),シェリー・マン(ds),レイ・ブラウン(b) 『The Poll Winners』 | メイン | アート・ブレイキー(ds) 『A Night at Birdland』 »

コメント