ナット・キング・コール(vo) 『Where Did Everyone Go / Looking Back』


ナット・キング・コール(vo) 『Where Did Everyone Go / Looking Back』

 キャピトルやリバティの版権を持つEMIのお買い得2in1シリーズ。[1]~[12]が'63年リリースの『ホエア・ディド・エブリワン・ゴー』、[13]~[23]までが'65年の『ルッキング・バック』 。内容の似通ったもの同士をカップリングすることの多いシリーズだが、今回似てるのはジャケットの雰囲気のみで、中身はまったく違うコンセプト。荘厳な弦の響きが幻想的な前者に対し、[13]からいきなりダウンタウンのオールディーズ風になる。両者ともジャズとは随分かけ離れてしまうが、ロマンチックな[9]やメドレー調の[18][19]も楽しい。 ★★★☆☆

1.Where Did Everyone Go?
2.Say It Isn't So
3.If Love Ain't There
4.(Ah The Apple Trees) When The World Was Young
5.Am I Blue?
6.Someone To Tell It To
7.The End Of A Love Affair
8.I Keep Goin Back To Joe's
9.Laughing On The Outside (Crying On The Inside)
10.No I Don't Want Her
11.Spring Is Here
12.That's All There Is
13.Time And The River
14.World In My Arms
15.Again
16.Looking Back
17.Midnight Flyer
18.I Must Be Dreaming
19.It Is Better To Have Loved And Lost
20.Send For Me
21Just As Much As Ever
22.If I May
23.Sweet Bird Of Youth

Nat "King" Cole (vo)
{Where Did Everyone Go} 1963, Gordon Jenkins (arr,cond)
{Looking Back} 1965.
[Capitol] All tracks Copyright Controlled


Click Here!


« ダイアナ・クラール(vo,p) 『Only Trust Your Heart』 | メイン | バーニー・ケッセル(g),シェリー・マン(ds),レイ・ブラウン(b) 『The Poll Winners』 »

コメント