キャノンボール・アダレイ(as) 『Cannonball Adderley Quintet In San Francisco』

キャノンボール・アダレイ(as) 『Cannonball Adderley Quintet In San Francisco』

 '59年サンフランシスコでのライブ。当時ピアノのボビー・ティモンズはジャズ・メッセンジャーズのスター・プレイヤーとして活躍中だったから、このバンドと掛け持ちしていたようだ。そのティモンズ作曲の[1]がこれまた大ヒット。まさにファンキー時代の寵児と言えよう。[2]はマイルスの「ノー・ブルース」を彷彿させるノリノリのゴキゲンなブルース。勇壮な行進曲風の[3]。その才能に惚れ込み、ホレス・シルバー・クインテットから引抜いたばかりのルイス・ヘイズのドラミングが冴える急速調の[5]はキャノンボールの真骨頂だ。 ★★★★

1. (A Few Words by Cannonball... And) This Here
2. Spontaneous Combustion
3. Hi-Fly
4. You Got It!
5. Bohemia After Dark (aka Birdland After Dark)
6. Straight, No Chaser [*]
7. This Here [Alternate Take][#][*]
8. You Got It! [Alternate Take][#][*]

Cannonball Adderley (as),Nat Adderley (cor),Bobby Timmons (p),Sam Jones (b),Louis Hayes (ds)
[Riverside] 18,20.Oct.1959. at The Jazz Workshop. Engineer:Reice Hamel Photo:William Claxton


« ハービー・ハンコック(p) 『V.S.O.P.-The Quintet』 | メイン | ダイナ・ショア(vo) 『Vivacious』 »

コメント