ビル・エヴァンス(p) 『Moon Beams』

ビル・エヴァンス(p) 『ムーン・ビームス』

 殆どの曲がスローテンポのバラード集。初心者にはあまりお勧めしない。勿論買ったってかまわないのだが、ジャズを聴きはじめて一年やそこらで本盤を愛聴してると言う人の感性は信用ならない。かく言うわたしも初心者の頃に本盤を手にして、あまりのダルダルさに挫折した。十数年が過ぎて再び聴いてみると複雑な和音のなかに埋もれていた神秘的なメロディが浮き上がってくるではないか。[2]~[7]までのスタンダード曲のメロディを知ってる人なら買い、そうでないならまだまだジャズ修行だ。  ★★★★

1. Re: Person I Knew
2. Polka Dots And Moonbeams
3. I Fall In Love Too Easily
4. Stairway to the Stars
5. If You Could See Me Now
6. It Might As Well Be Spring
7. In Love in Vain
8. Very Early

Bill Evans (p),Chuck Israels (b),Paul Motian (ds)
[Riverside] 2.Jun, 17,29.May.1962. Engineer:Bill Schwartau


« カーメン・ランディ(vo) 『This is Carmen Lundy』 | メイン | ハービー・ハンコック(p) 『V.S.O.P.-The Quintet』 »

コメント

テラシマさんも、つうかテラシマさんですら
「軟弱ぶりを聴け」みたいな勧め方してませんでしたっけ?

この盤ってムード音楽として聴くにはちょっと甘さが足りないかなぁ(笑)。
「ワルツ フォー デビー」の方はそうやっても聴けるんですが…。

つうことは、やっぱビミョーなのかな?(笑)

投稿者 カンチレバー細すぎ! : October 6, 2005 10:19 AM

なるほどパーシー・フェイスとか(^^;

この盤が曲者なのは、
第一にテラシマさんが一時やたらプッシュしてたこと
第二にあのエヴァンスがピアノを弾くムードたっぷりのバラード集であること
第三に美人ジャケットであること(^^;

というわけで、いかにも売れそうな要素をたくさん持ってる。w
それはそれでいいんですけど、もうちょっと内容が深いんですね。
ムード音楽として聞き流すだけじゃ少し勿体無い。
かといってそんなに大それた名盤でもないという、
とても微妙なポジションにあるんですよね。(^^;

投稿者 Master : October 5, 2005 06:05 PM

一番好きなのは映画音楽だったりします(笑)。
次がクラシック。

つまりはメロディアスなインストゥルメンタルが好きなんですね…。

ジャズも時には聴きたくなるかな? って感じで、
ドウモスミマセン m(_ _)m

投稿者 カンチレバー細すぎ! : October 5, 2005 05:09 PM

> 感性がそもそもジャズ向きじゃない
そういえばカンチさんの専門分野って、教えてもらってないなあ

投稿者 Master : October 5, 2005 11:58 AM

私はこの盤、最初から好きでしたよ。
なぜかというとあんまり激しいの好きじゃないんで(笑)。

つうことは「感性がそもそもジャズ向きじゃない」のかもしれませんが(爆)

投稿者 カンチレバー細すぎ! : October 5, 2005 11:18 AM