マイルス・デイヴィス(tp) 『Bags Groove』
Amazonで詳細を見る
マイルス・デイヴィス(tp) 『Bags Groove』

 セロニアス・モンク、ミルト・ジャクソンを含む『マイルス・デイヴィス・アンド・ザ・モダン・ジャズ・ジャイアンツ』と同日のセッション「バグス・グルーヴ」と、同年6月にソニー・ロリンズ、ホレス・シルバーらと入れた二つのセッションからなる。表題曲の「バグス」とは目の下が袋(Bags)のようなジャクソンのあだ名。例によってモンクはジャクソンのバックと自分のソロ以外でピアノを弾いてない。マイルスの限りなく上品なオープントランペットの音色がたまらない。[2]のモンクのソロ、[5][7]のシルバーのブルース・フィーリング、ロリンズのペッキング等、聴き所満載の傑作。 ★★★★★

1. Bags' Groove [Take 1]
2. Bags' Groove [Take 2]
3. Airegin
4. Oleo
5. But Not for Me [Take 2]
6. Doxy
7. But Not for Me [Take 1]

Miles Davis (tp),Sonny Rollins (ts),Milt Jackson (vib),Percy Heath (b),Thelonious Monk,Horace Silver (p),Kenny Clarke (ds)
[Prestige] 29.Jun. 24.Dec.1954, Engneer:Van Gelder


« ルー・ロウルズ(vo) 『The Legendary Lou Rawls』 | メイン | ハービー・ハンコック(p) 『Herbie Hancock Trio with Ron Carter+Tony Williams』 »

コメント