ルー・ロウルズ(vo) 『The Legendary Lou Rawls』

ルー・ロウルズ(vo) 『The Legendary Lou Rawls』

 ブルーノート・レーベル再興の立役者、マイケル・カスクーナ選曲のベスト盤。キャノンボール・アダレイ・クインテット伴奏のライブで始まり、スタンリー・タレンタイン、ジョージ・ベンソン、ハンク・クロフォード、ダイアン・リーヴスとのデュエットなど内容も盛りだくさんで飽きさせない。スタイルも様々であるが、どの曲でもリズム・アンド・ブルースに裏付けされた力強い歌唱を聴かせる。ビリー・ホリデイ作の[6]、そして「悲しき願い」の邦題で知られる[15]も素晴らしい。ブルースはアメリカの浪花節だ。 ★★★☆☆

1.I'd Rather Drink Muddy Water
2.World of Trouble
3.Tobacco Road
4.Willow Weep for Me
5.Stormy Monday
6.God Bless the Child
7.For You My Love
8.Dead End Street
9.Your Good Thing (Is About to End)
10.Love Is a Hurtin' Thing
11.You Can't Go Home No More
12.At Last
13.Fine Brown Frame
14.Room With a View
15.Don't Let Me Be Misunderstood
16.All Around the World
17.Good Morning Blues

Lou Rawls (vo),Dianne Reeves (vo),Cannonball Adderley (as),Nat Adderley (cor),Joe Zawinul (el-p),Victor Gaskin,Jimmy Bond,Leroy Vinnegar,Tinker Barfield (b),Roy McCurdy,Earl Palmer,Ron Jefferson,Chris Parker (ds),Tommy Strode,Les McCann,Gerald Wilson (p),Herb Ellis,Barney Kessel,Steve Khan,Cornell Dupree (g),Benny Carter,Phill Wright (arr),Freddie Hill,Tom Terran,(tp),George Benson (voice,g),Bobby Watson,David Newman,Haward Johnson (saxophones),Stanley Turrentine (ts),Hank Crawford (as),Steve Turre,Robin Eubanks (tb),Jack Walrath (tp,fl-h),Richard Tee (p,org),Ralph McDonald (perc)
[Capitol] 1962-1990



« スタンリー・ジョーダン(g) 『Magic Touch』 | メイン | マイルス・デイヴィス(tp) 『Bags Groove』 »

コメント