チャールス・ミンガス(b) 『Tijuana Moods』


チャールス・ミンガス(b) 『Tijuana Moods』
アナログ盤あり

 ミンガス自身が「我が最高の作品」と呼んだという。邦題は『メキシコの想い出』。ミンガスがメキシコのティファナに旅行した際の印象がモチーフになっている。ベースをギターのようにかき鳴らすフラメンコのような[2]が白眉。カーティス・ポーターのブルージーなアルトがイカス。わたしが初めて志摩スペイン村に行ったときの土産にカスタネットを買って帰り、しばらく[2]をかけながらカチカチと練習しては喜んでいた。(笑)[※ミンガスのメキシコ行きは「妻を失った感傷旅行」ということになってるが、単なる離婚説と死別説がある] ★★★★

1.ディジー・ムード
2.イザベルズ・テーブル・ダンス
3.ティファナ・ギフト・ショップ
4.ロス・マリアッチス(街の楽師たち)
5.フラミンゴ (Flamingo)

Charlie Mingus (b),Jimmy Knepper (tb),Curtis Porter[Shafi Hadi] (as),Clarence Shaw (tp),Bill Triglia (p),Danny Richmond (ds),Ysabel Morel (castinets),Lonnie Elder (voices)
[RCA] 18.Jul, 6.Aug.1957. in RCA Victor's Studio A. NYC. Engineer:Bob Simpson



« ブラッド・メルドー(p) 『Introducing Brad Mehldau』 | メイン | ソニー・ロリンズ(ts) 『The Sound Of Sonny』 »

コメント