デューク・エリントン(p) 『Duke Ellington Presents...』
Amazonで詳細を見る
デューク・エリントン(p) 『Duke Ellington Presents...』

 お馴染みのスタンダード曲も、エリントン楽団が演ると独特の香りを放つ。有名曲[1]や[4]は今となってはやや大袈裟なアレンジが鼻につく。唄入りの[3]と[5]も同様。この馴れるとたまらない濃ぃ~い匂いがエリントンの試金石。しかし本盤も実は[6]以降の後半が良いのである。[8]からバラードが三曲続くが、特に[10]におけるジョニー・ホッジスのアルトは喩えようもなく素晴らしい。古い箪笥の中にしまってあったお気に入りのシャツのようなレコード。 ★★★★

1.Summertime
2.Laura
3.I Can't Get Started
4.My Funny Valentine
5.Everything But You
6.Frustration
7.Cotton Tail
8.Day Dream
9.Deep Purple
10.Indian Summer
11.Blues

Johnny Hodges (as),Paul Gonsalves (ts),Russel Procope (as,cl),Jimmy Hamilton (ts,cl),Harry Carney (bs,bass-cl),Ray Nance (violin,vo,tp),Wlliam "Cat" Anderson,Clark Terry,Willie Cook (tp),Britt Woodman,John Sanders,Quentin Jackson (tb),Jimmy Grissom (vo),Duke Ellington (p),Jimmy Woode (b),Sam Woodyard (ds)
[Bethlehem] 7.Feb.1956. Chicago Engineer:Rick Essig



« ファッツ・ウォーラー(p,vo,org) 『Fats Waller Masterpieces 3』 | メイン | ディジー・ガレスピー(tp) 『Sonny Side Up』 »

コメント