ナット・キング・コール(vo,p) 『After Midnight』

ナット・キング・コール(vo,p) 『After Midnight』

 弾き語りもできるジャズピアニストというより、すでにポピュラーシンガーとして有名になっていたキャピトル時代。オーケストラものが多いなか、本盤は懐かしいキングコールトリオのフォーマットに、ウィリー・スミスやハリー”スウィーツ”エディスンらの豪華スタープレーヤーが客演する形。軽快にスイングする洒落たヴォーカル・アルバムだ。あの有名な「ルート66」も収録。ちなみにこの曲の作者ボビー・トゥループはジュリー・ロンドンの旦那さん。 ★★★☆☆

1.Just You, Just Me
2.Sweet Lorraine
3.Sometimes I'm Happy
4.Caravan
5.It's Only a Paper Moon
6.You're Looking at Me
7.Lonely One
8.Don't Let It Go to Your Head
9.I Know That You Know
10.Blame It on My Youth
11.When I Grow Too Old to Dream
12.Route 66
13.I Was a Little Too Lonely (And You Were a Little Too Late) [*]
14.You Can Depend on Me [*]
15.What Is There to Say? [*]
16.Two Loves Have I [*]
17.Candy [*]
18.You're Looking at Me [Alternate Take][*]

Nat "King" Cole (vo,p),John Collins (g),Charlie Harris (b),Lee Young (ds),Harry 'Sweets' Edison (tp),Willie Smith (as),Juan Tizol (valve-tb),Stuff Smith (violin)
[Capitol] 15.Aug, 4,21,24.Sep.1956.

420x90


« マイルス・デイヴィス(tp) 『Miles In Berlin』 | メイン | マイルス・デイヴィス(tp) 『Live Around the World』 »

コメント

チャーリー・パーカーがナット・キング・コールと共演してたとは知らなかった!『The MacGregor Anthology』

投稿者 Master : September 15, 2005 04:29 PM