トミー・ドーシー(tb) 『Tommy Dorsey And His Greatest Band』

トミー・ドーシー(tb) 『Tommy Dorsey And His Greatest Band』

 ジャズを聴くんだったら、一応トミー・ドーシーも聴いとくか、と思って十数年前に買ったのが本盤だった。'50年代以前はまだLPが無かったので、こうした古い音源を集めるとなると自然とベスト盤のような形態のものを買うことになる。さて、フランク・シナトラを輩出した白人スイングバンドの最高峰。当り曲[21]、「僕はセンチになったよ」が冒頭に流れ、ドーシーのアナウンスを経て[1]が始まり、最後にフル・バージョンの同曲で終わる構成。[12]はなんとあのフォスターの唱歌「スワニー河」。女性コーラスが唄う[16]も珍しい。 ★★★☆☆

1.Boogie Woogie (Theme First)
2.Amor
3.But She's My Buddy's Chick
4.Swing High
5.Like a Leaf in the Wind
6.Marie
7.Opus Number One
8.Wagon Wheels
9.Clarinet Cascades
10.Land of Dreams
11.Song of India
12.Swanee River
13.Losers Weepers
14.There Is No Breeze (To Cool the Flame of Love)
15.Minor Goes Muggin'
16.On the Sunny Side of the Street
17.We'll Git It
18.Rest Stop
19.I'm in Love With Someone
20.That's My Home
21.I'm Getting Sentimantal over You

Tommy Dorsey (tb) and his band, Charlie Shavers,Stuart Foster,The Sentimentalists (vo)
[Jasmine]


« キース・ジャレット(p) 『Standards,Vol.1』 | メイン | マイルス・デイヴィス(tp) 『Miles In Berlin』 »

コメント