ホレス・シルバー(p) 『Silver's Serenade』


ホレス・シルバー(p) 『Silver's Serenade』

 フロントにブルー・ミッチェル、ジュニア・クックを据えた、この時代のホレス・シルバー・クインテットは最高だ。歴代の名手、たとえばアート・ファーマーやハンク・モブレー、ドナルド・バード、ジョー・ヘンダーソンなどと比べると、やや知名度は劣るけれど、がっちり腰を据えてこのバンドで演るかぎりは、他のいかなるスタープレーヤーも及ばないナイスでファンキーなプレイを聴かせる。たとえば[2]。ミッチェルがソロのバックでハンマーで叩くようなピアノの低音に煽られる。こらたまらん。紙ジャケあり  ★★★★

1.Silver's Serenade
2.Let's Get to the Nitty Gritty
3.Sweet Sweetie Dee
4.Dragon Lady
5.Nineteen Bars

Blue Mitchell (tp),Junior Cook (ts),Horace Silver (p),Gene Taylor (b),Roy Brooks (ds)
[Bluenote] 11,12.Apr.1963. Engineer:Van Gelder


Click Here!


« 今年から始めて今も続いていることあれこれ | メイン | ステイシー・ケント(vo) 『Love Is... The Tender Trap』 »

コメント