ソニー・レッド(as) 『Out Of The Blue』

ソニー・レッド(as) 『Out Of The Blue』

 ルディ・ヴァン・ゲルダーの手になる数あるブルーノート名録音のなかでも、アルトの音色の美しさでは一番ではなかろうか。特に[2]など、思わず手を止めて聞き入ってしまう。スタンダードとブルース曲の配分も良く、ウイントン・ケリーがナイスサポート。ワンホーンで伸び伸びと大らかに歌うアルトが堪能できる。ゴリゴリのブルーノート・レーベルには珍しく、秋晴れの空のようにリラックスして和める作品だ。 ★★★★ アナログ盤あり

1.ブルースヴィル
2.ステイ・アズ・スイート・アズ・ユー・アー
3.アイヴ・ネヴァー・ビーン・イン・ラヴ・ビフォア (I've Never Been In Love Before)
4.ナディア
5.ブルース・イン・ザ・ポケット
6.アローン・トゥー・ロング
7.ザ・ロープ
8.星への階段 (Stairway to the Stars)

Sonny Red (as),Wynton Kelly (p),Paul Chambers,Sam Jones (b),Roy Brooks,Jimmy Cobb (ds)
[Bluenote] 5.Dec.1959, 23.Jan.1960. Engineer:Van Gelder


« J.J.ジョンソン(tb) 『J.J.Johnson's Jazz Quintets』 | メイン | 今年から始めて今も続いていることあれこれ »

コメント