ベヴ・ケリー(vo) 『Bev Kelly in Person』


ベヴ・ケリー(vo) 『Bev Kelly in Person』

 サンフランシスコのナイトクラブ”コーヒー・ギャラリー”でのライブ。ベヴ・ケリーは女流ピアニスト、パット・モランのバンドに居たシンガー。わたしは元々この人の歌い方が好きではない。色気もないし、ビリー・ホリディのマネをしてメロディを崩して歌うのが危なっかしい。バックのメンバーもいまひとつパッとしない。ところがどうだ、CDプレーヤーが変わったら中域がぐっと太って評価が一転。こういうことがあるからオーディオはやめられない。オバサンみたいな表紙より内ジャケットの艶かしい写真のほうがイメージに近い。 ★★★☆☆

1.Long Ago (And Far Away)
2.Then I'll Be Tired of You
3.My Foolish Heart
4.Night and Day
5.It Never Entered My Mind
6.Just Friends
7.Body and Soul
8.Love Letters
9.This Is Always
10.Falling in Love With Love
11.My Funny Valentine

Bev Kelly (vo),Pony Poindexter (as),Flip Nunez (p),Johnny Allen (b),Tony Johnson (ds)
[Riverside] 14.Oct.1960. live at the Coffee Gallery,San Francisco Engineer:Wally Heider


Click Here!


« ミルト・ジャクソン(vib) 『Milt Jackson Quartet』 | メイン | ジュリー・ロンドン(vo) 『Your Number Please...』 »

コメント