ウエス・モンゴメリー(g) 『So Much Guitar!』


ウエス・モンゴメリー(g) 『So Much Guitar!』

 同時に1オクターブ離れた音を弾く、ギターテクニックとしてはポピュラーなオクターブ奏法のパイオニアがこの人ウエス・モンゴメリー。ピックを使わず親指で弾く柔らかなアタックも特徴的だ。[1]のベースソロのあとに出てくるウエスのコードカッティングが、もうめちゃくちゃカッコイイ!レイ・バレットのコンガが利いている。[5]のエンディング、レックス・ハンフリーズのシンバル連打が良い!張力感漲るロン・カーターのベースが聴き物の[6]。ギター独奏の[7]は元曲の歌詞を知っていたなら、なお一層感動的に聴けるだろう。 ★★★★

1. Twisted Blues
2. Cotton Tail
3. I Wish I Knew
4. I'm Just a Lucky So and So
5. Repetition
6. Somethin' Like Bags
7. While We're Young
8. One for My Baby (And One More for the Road)

Wes Montgomery (g),Hank Jones (p),Ron Carter (b),Lex Humphries (ds),Ray Barretto (conga)
[Riverside] 4.Aug.1961.Engineer:Ray Fowler



« 江戸堀のフレンチ「Satour(サトゥール)」はうまいぞ | メイン | スタン・ゲッツ(ts),J.J.ジョンソン(tb) 『Stan Getz And J.J. Johnson At The Opera House』 »

コメント