ベン・ウェブスター(ts) 『See You At The Fair』


ベン・ウェブスター(ts) 『See You At The Fair』

 バラードでは羽毛を擦るようなウェブスターだが、アップテンポになるやR&Bのテナー奏者のように音色を潰して吹く。[1]で聴かれるようなこのダーティな音色が好き嫌いの分れるところ。かつての十八番[6]などは意外とあっさりしてる。そのかわりに聴き物なのがピアノの代りにハープシコードを入れた2曲[5]と[8]。哀愁のトーンがノスタルジックでイイ感じだ。輸入盤のほうは曲順が入れ替わり、オリバー・ネルソン指揮のボーナストラック3曲が追加されている。 ★★★☆☆

1.シー・ユー・アット・ザ・フェアー
2.虹の彼方に (Over the Rainbow)
3.わが恋はここに (Our Love Is Here To Stay)
4.イン・ア・メロー・トーン (In a Mellow Tone)
5.ララバイ・オブ・ジャズランド
6.スターダスト (Stardust)
7.フォール・オブ・ラヴ
8.ホワイル・ウィアー・ダンシング
9.サムワン・トゥ・ウォッチ・オーヴァー・ミー (Someone To Watch Over Me)

Ben Webster (ts),Hank Jones (p),Roger Kellaway (p,harpsichord),Richard Davis (b),Osie Johnson (ds)
[Impulse!] 11, 25.Mar.1964. Engineer:Van Gelder


« ウイントン・ケリー(p) 『Kelly At Midnite』 | メイン | ソニー・ロリンズ(ts) 『Tenor Madness』 »