ソニー・ロリンズ(ts) 『Sonny Rollins with the Modern Jazz Quartet』

Amazonで詳細を見る
ソニー・ロリンズ(ts) 『Sonny Rollins with the Modern Jazz Quartet』

『マイルス・デイヴィス・アンド・ホーンズ』吹き込みの際、マイルスはプレスティッジ・レーベルのプロデューサー、ボブ・ワインストックにロリンズをレコーディングするよう進言。経験不足を理由に渋るワインストックに、マイルスは「チャンスを与えるべきだ」と食い下がり、帰ってしまったジョン・ルイスの代りに自らピアノまで弾いてセッションに付き合った。それがロリンズの初リーダー作[13]。モダンジャズの巨人ロリンズも'51年当時は「経験不足」だったなんて。それでも本盤でさっそく天才ぶりを発揮しているのはさすが!1曲1曲が短く聴きやすいので真夏の夜のドライブのお供に最適。 ★★★★

1.ザ・ストッパー
2.オールモスト・ライク・ビーイング・イン・ラヴ
3.ノー・モウ
4.イン・ア・センチメンタル・ムード (In a Sentimental Mood)
5.スクープス
6.ウィズ・ア・ソング・イン・マイ・ハート
7.ニュークス・フェイドアウェイ
8.タイム・オン・マイ・ハンズ (Time on My Hands)
9.ディス・ラヴ・オブ・マイン
10.シャドラック
11.スロー・ボート・トゥ・チャイナ (On a Slow Boat to China)
12.マンボ・バウンス
13.アイ・ノウ

Sonny Rollins (ts),Milt Jackson (vib),John Lewis,Kenny Drew,Miles Davis (p),Percy Heath(b),Kenny Clarke,Art Blakey,Roy Haynes (ds)
[Prestige] 17.Jan, 17.Dec.1951, 7.Oct.1953.


« マッコイ・タイナー(p) 『The Real McCoy』 | メイン | ケニー・バレル(g) 『Midnight Blue』 »