ハンク・モブレー(ts) 『Workout』

ハンク・モブレー(ts) 『Workout』

 一口に「ファンキー」といっても、ボビー・ティモンズのファンキーとホレス・シルバーのファンキーでは随分違った印象を受ける。モブレー流のファンキーというのもちゃんとあって、それが本盤に色濃く反映されている。仁義を切るような[2]の「Uh Huh」なんて、タイトルからしてもうファンキー!ブルースに根差した渋めのハードバップ。実はこのCDは2枚持っていて、うち1枚はJBL4343を購入した日に買ったのでよく憶えている。2000年の5月2日だった。 ★★★★

1.ワークアウト
2.アー・ハー
3.スモーキン
4.ザ・ベスト・シングス・イン・ライフ・アー・フリー (Best Things in Life Are Free)
5.グリーシン・イージー

Hank Mobley (ts),Grant Green (g),Wynton Kelly (p),Paul Chambers (b),Philly Joe Jones (ds)
[Bluenote] 26.Mar.1961. Engineer:Van Gelder



« チャールス・ミンガス(p) 『Mingus Plays Piano』 | メイン | ハンク・モブレー(ts) 『Roll Call』 »