チャールス・ミンガス(p) 『Mingus Plays Piano』

チャールス・ミンガス(p) 『Mingus Plays Piano』

 ベースの巨人ミンガスがソロピアノに挑戦した異色作。攻撃的に鍵盤を叩くのではという予想をあっさり裏切り、意外なほど叙情的で美しいピアノを弾くミンガス。所謂ジャズピアニストが弾いたようには聞こえないところが凄い。これは単なる余技ではない。セロニアス・モンクの音楽はローマに通じるように思うが、ミンガスにはスペインやメキシコの郷愁を感じる。書斎で難しい本でも読みながら聴きたい知的な気分にさせる。 ★★★★

1.Myself When I Am Real
2.I Can't Get Started
3.Body And Soul
4.Roland Kirk's Message
5.Memories Of You
6.She's Just Miss Popular Hybrid
7.Orange Was The Color Of Her Dress, Then Silk Blues
8.Meditations For Moses
9.Old Portrait
10.I'm Getting Sentimental Over You
11.Compositional Theme Story: Medleys, Anthems And Folklore

Charles Mingus (p)
[Impulse!] 30.Jul.1963. Engineer:Bob Simpson


« マッコイ・タイナー(p) 『Reaching Fourth』 | メイン | ハンク・モブレー(ts) 『Workout』 »