ジャッキー・マクリーン(as) 『One Step Beyond』

ジャッキー・マクリーン(as) 『One Step Beyond』

 「フランケンシュタイン」だの「ゴースト・タウン」だの不気味なタイトルのオリジナル曲からもわかるように、新主流派に身を投じたマクリーンの意欲作。マクリーンという人は元々新しいものが好きなんだろう。古い殻を脱ぎ捨てたように溌剌としたプレイを聴かせる。忘れてならないのが神童トニー・ウイリアムスの参加。彼の猛烈な勢いのドラミングにバンド全体が乗せられて傑作が生まれた。すぐさまマイルス・デイヴィスはトニーを引き抜きにかかる。マクリーンのリーダー作で一番好きなのはこれだ。 ★★★★★

1. Saturday and Sunday
2. Frankenstein
3. Blue Rondo
4. Ghost Town
5. Saturday and Sunday (alternate take)

Gracham Moncur III (tb),Jackie McLean (as),Bobby Hutcherson (vb),Eddie Khan (b),Tony Williams (ds)
[Bluenote] 1.Mar.1963.Englewood Cliffs,N.J. Engineer:Van Gelder


« モダン・ジャズ・カルテット 『Concorde』 | メイン | ジョー・ヘンダーソン(ts) 『Our Thing』 »