ジーン・アモンズ(ts) 『Bad! Bosa Nova』
Amazonで詳細を見る
ジーン・アモンズ(ts) 『Bad! Bosa Nova』

 ボサノヴァも”ボス・テナー”の異名を持つジーン・アモンズが演ると、水辺から離れ、幾分蒸し暑く、土着的でソウルフルな雰囲気。肉汁したたるステーキのようだ。不思議なベースラインが延々とリフレインする合間を、縫うようにアドリブが展開する[2]が本盤のハイライト。旋律の随所にアフリカへの郷愁が感じられる。ピアノのハンク・ジョーンズが好サポート。ジメジメする梅雨どきに聴きたい。 ★★★☆☆

1.Pagan Love Song
2.Ca' Purange (Jungle Soul)
3.Anna
4.Cae, Cae
5.Moito Mato Grosso
6.Yellow Bird

Gene Ammons (ts),Bucky Pizzarelli (spanish guitar),Kenny Burrell (rythm guitar),Hank Jones (p),Norman Edge (b),Oliver Jackson (perc),Al Hayes (bongo)
[Prestige] 9.Sep.1962. Engineer:Van Gelder

"南国ムードのジャズ特集"


« 響く部屋も良し悪し | メイン | 「ブランジュリ・タケウチ」のパンに驚く »