ローズマリー・クルーニー(vo) 『A Touch Of Tabasco』
Amazonで詳細を見る
ローズマリー・クルーニー(vo) 『A Touch Of Tabasco』

 ああ、いかんなあ、こういうのを時々かけるからお客さんの方から「これはジャズですか?」とチェックが入る。いえ、ジャズではありません。わたしが好きなだけです(笑)いや、しかしこんなに素晴らしい作品をジャズでないというだけで黙っておれようか。なんといっても”マンボの王様”ペレス・プラードとローズマリー・クルーニーの競演である。珍しいだけでなく内容も良い。どの曲も素晴らしく、ドッシーーン!と来る迫力のサウンドに痺れまくる。とにかく痛快!誰彼構わず耳たぶを引っ張って大音量で聴かせてあげたい。ぁ"~ウーッ!!★★★★

1.メロンの心
2.ライク・ア・ウーマン
3.瞳はあなたゆえに
4.マジック・イズ・ザ・ムーンライト (Magic is the Moonlight)
5.小さなスペインの町で
6.キエン・セラ (Sway)
7.マック・ザ・ナイフ (Mack The Knife)
8.バリ・ハイ
9.ユー・ドゥ・サムシング・トゥ・ミー
10.ク・ク・ル・ク・ク・パローマ
11.くたびれもうけ
12.アディオス (Adios)

Rosemary Clooney (vo),Perez Prado
[RCA] 30,31.Jul, 15.Aug. 1959.Hollywood.

"南国ムードのジャズ特集"


« セロニアス・モンク(p) 『Brilliant Corners』 | メイン | 靱公園のランチ »