アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ 『Caravan』

アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ 『Caravan』

 3管でモーダルなサウンドを狙ったジャズ・メッセンジャーズの人気盤。音楽監督は勿論ウエイン・ショーター。リー・モーガン、ボビー・ティモンズ在籍時とは一味違ったスマートな音作りが魅力。御大ブレイキーの迫力あるドラムサウンドを念頭に置いたアレンジがなされており、持ち味の豪快さは健在だ。全編で聴かれるフレディ・ハバードのトランペットがムチャクチャうまい!!テレビ番組「情熱大陸」で[1]のイントロがチラッと流れて、何の曲だったかと二時間くらい悩んだことがある(笑) ★★★☆☆

1. Caravan
2. Sweet 'N' Sour [take 4][*]
3. In The Wee Small Hours Of The Morning
4. This Is for Albert
5. Skylark
6. Thermo
7. Thermo [Take 2][*]
8. Sweet 'N' Sour [Take 4][*]

Freddie Hubbard (tp),Curtis Fuller (tb),Wayne Shorter (ts),Cedar Walton (p),Reggie Workman (b),
Art Blakey (ds)
[Riverside] 23,24.Oct.1962. Engineer:Ray Fowler


« マル・ウォルドロン(p) 『MAL-1』 | メイン | グラント・グリーン(g) 『The Latin Bit』 »