リー・モーガン(tp) 『Here's Lee Morgan』

リー・モーガン(tp) 『Here's Lee Morgan』

 ジャズのCDにはつき物の”別テイク”や”ボーナストラック”。「あるほうがいい」「いや、オリジナルのままで出すべき」と意見が分れる。ならば本盤のようにオリジナル・イシューと別テイク集二枚に分ければよい。まずはオリジナルの一枚目をしっかり聴き込んだ後に二枚目を聴くと、あの名アドリブの前にこのような試行錯誤があったのかと感心する。ウイントン・ケリーがちょっとスイングさせ、それに続いてジョーダンもリズミカルなソロを放つ「I'm A Fool To Want You」のテイク2が面白い。 ★★★☆☆

ディスク: 1
1.Terrible 'T'
2.Mogie
3.I'm A Fool To Want You
4.Running Brook
5.Off Spring
6.Bess

ディスク: 2
1.Terrible 'T' (Take 7)
2.Terrible 'T' (Take 6)
3.Mogie (Take 2)
4.Mogie (Take 1) (Mono)
5.I'm A Fool To Want You (Take 1)
6.I'm A Fool To Want You (Take 2)
7.Running Brook (Take 9)
8.Running Brook (Take 4)
9.Off Spring (Take 7)
10.Bess (Take 3)

Lee Morgan (tp),Cliff Jordan (ts),Wynton Kelly (p),Paul Chambers (b),Art Blakey (ds)
[VeeJay] 2,3&8.Feb.1960 Bell Sound Studios NYC.


« ハービー・ハンコック(p) 『Speak Like A Child』 | メイン | デイブ・ブルーベック(p) 『Time Out』 »