ハービー・ハンコック(p) 『Speak Like A Child』

ハービー・ハンコック(p) 『Speak Like A Child』

 『処女航海』に次ぐハンコックの人気盤。3管を配した緻密なアレンジが聴かれるが、ホーンプレーヤーによるソロはなく、ハンコックのピアノを引立てる装飾譜として使用される。全体を包む叙情的、幻想的なイメージは「処女航海」の延長線上にありながらも、より洗練され、他に類を見ないスマートな音楽に仕上がっている。[3]と[6]はピアノトリオによる演奏。ミッキー・ローカーの切れ味鋭いドラミングも聴き所のひとつ。 ★★★★

1.Riot
2.Speak Like A Child
3.First Trip
4.Toys
5.Goodbye To Childhood
6.The Sorcerer
7.Riot (First Alternate Take)
8.Riot (Second Alternate Take)
9.Goodbye To Childhood (Alternate Take)

Thad Jones (flh),Peter Phillips (bass-tb),Jerry Dodgion (alto-fl),Herbie Hancock (p),Ron Carter (b),Mickey Roker (ds)
[Bluenote] 6,9,Mar.1968. Engineer:Van Gelder


« 関西ハイエンドオーディオの牙城・鎌谷宅訪問記 | メイン | リー・モーガン(tp) 『Here's Lee Morgan』 »