J.J.ジョンソン(tb) 『J.J.Johnson's Jazz Quintets』

J.J.ジョンソン(tb) 『J.J.Johnson's Jazz Quintets』

 J.J.の初リーダー・レコーディング([1]~[4])を含む3つのセッションで構成されている。いずれも’40年代の録音で、バド・パウエル、マックス・ローチらと共にビ・バップ・スタイルを踏襲。すでに驚異的なトロンボーン・テクニックは完成されており、[10]ではパーカーもどきの速いフレーズを連発する若きソニー・ロリンズとも互角に渡り合う。バラードの[11]は『スタン・ゲッツ・アンド・J.J.ジョンソン・アット・ジ・オペラ・ハウス』でも取り上げているJ.J.の十八番。  ★★★☆☆

1.Jay Bird
2.Coppin' the Bop
3.Jay Jay
4.Mad Be Bop
5.Boneology
6.Down Vernon's Alley
7.Audobon
8.Don't Blame Me
9.Goof Square
10.Bee Jay
11.Yesterdays
12.Riffette

J.J. Johnson (tb),Cecil Payne (as),Loe Parker (bs),Sonny Rollins (ts),Bud Powell,Hank Jones,John Lewis (p),Leonard Gaskin,Al Lucas,Gene Ramey (b),Max Roach,Shadow Wilson (ds)
[Savoy] 26.Jun.1946, 24.Dec.1947, 11.May.1949..



« ドン・フリードマン(p) 『Circle Waltz』 | メイン | ソニー・レッド(as) 『Out Of The Blue』 »

コメント