ダイナ・ショア(vo) 『The Best of Dinah Shore』


ダイナ・ショア(vo) 『The Best of Dinah Shore』

 キャピトル・レーベル時代の音源を集めたベスト盤である。ジャズと呼ぶにはあまりにポピュラーソングのようだし、見ての通りジャケットもなんてことない。しかしながら最初から最後の曲まで一気に聴かされてしまうこの心地よさ。本盤を聴いてたら、わたしの父がやってきて、そのまま最後まで一緒に聴いていた。そして一言、「このCD貸してくれ」。ジャズファンも、そうでない人も夢の世界に連れて行ってくれる。[4]はかつて関西のAMラジオ番組「フレッシュ9時半キダ・タローです」のテーマソングだった。 ★★★☆☆

1.Blues In The Night
2.Buttons And Bows
3.I'll Walk Alone
4.Dear Hearts And Gentle People
5.The Gypsy
6.Laughing On The Outside, Crying On The Inside
7.Jim
8.It's So Nice To Have A Man Around The House
9.I Ain't Down Yet
10.Mad About Him, Sad About Him, How Can I Be Glad Without Him Blues
11.Chantez, Chantez
12.Blues In Advance

Dinah Shore (vo) [Capitol]


« ボビー・ティモンズ(p) 『This Here Is Bobby Timmons』 | メイン | チャーリー・パーカー(as) 『Jam Session』 »

コメント

夢の世界に連れて行ってくれることを願い注文!

投稿者 常連上人 : May 1, 2005 07:53 PM