マイルス・デイヴィス(tp) 『Miles Davis And Milt Jackson Quintet/Sextett』

Amazonで詳細を見る
マイルス・デイヴィス(tp) 『Miles Davis And Milt Jackson Quintet/Sextett』

 「マイルス、なんでアートにはオレのように辛くあたらないんだ!?」そう言って、レコーディング中だというのにスタジオを出て行ってしまう激情のジャッキー・マクリーン。よって[2]と[4]はマクリーン抜きのクインテット演奏。ビビリながらもリズムをキープするアート・テイラー。ブロックコードのバッキングに抜群のセンスを見せる寡黙な新人レイ・ブライアント。しゃかりきになってマレットを振るうミルト・ジャクソン。このセッションに漲る緊張感をもたらしたのはマクリーンだ。 ★★★★

1. Dr. Jackle
2. Bitty Ditty
3. Minor March
4. Changes

Miles Davis (tp),Milt Jackson (vib),Jackie McLean (as),Ray Bryant (p),Percy Heath (b),Art Taylor (ds)
[Prestige] 5.Aug.1955. Engineer:Van Gelder

Click Here!


« グローブを買ってくれとアイツは言った | メイン | マイルス・デイヴィス(tp) 『死刑台のエレベーター(Ascenseur Pour L'echafaud)』 »