ホレス・シルバー(p) 『Song For My Farther』


ホレス・シルバー(p) 『Song For My Farther』

 ブルー・ミッチェル~ジュニア・クックがフロントを勤める'63年のセッションから、クインテット再編まで丸一年を隔てて吹き込まれた傑作。トランペット~テナー~ピアノの順にソロをとるのが定石だったシルバー・クインテットだが、表題曲はシルバーの語るがごときソロに始まり、続く助っ人ジョー・ヘンダーソンが最高に素晴らしいソロを展開。珍しくトランペットのソロは無し。このジョーヘンの後には無用の長物というもの。旧クインテットでのエキゾチックな[3]もさすがの出来映え。ピアノトリオの[6]はシルバー作の美しいバラードで、オーネット・コールマンのものとは同名異曲。 ★★★★★

1.ソング・フォー・マイ・ファーザー
2.ザ・ネイティヴス・アー・レストレス・トゥナイト
3.カルカッタ・キューティ
4.ケ・パサ
5.ザ・キッカー
6.ロンリー・ウーマン

Blue Mitchell,Carmell Jones (tp),Junior Cook,Joe Henderson (ts),Horace Silver (p),Gene Taylor,Teddy Smith (b),Roy Brooks,Roger Humphries (ds)
[Bluenote] 26.Oct.1963, 31.Oct.1964. Engineer:Van Gelder

Click Here!



« ハードロックをどっかーんと鳴らしたい | メイン | ステイシー・ケント(vo) 『Dreamsville』 »

コメント