ビックス・バイダーベック(cor,p) 『Singin' the Blues』

ビックス・バイダーベック(cor,p) 『Singin' the Blues』

  本盤をかけていたら、お客さんに「これはいくらなんでも古すぎる」と言われた。それもそのはず、なんと1927年の録音。当店所蔵の音源のなかで、おそらく最も古いものだ。”コルネットの王様”ビックス・バイダーベックは、ルイ・アームストロングと並ぶジャズ創世記の大立て者。ピアノもなかなかの腕前で、[12]ではモダンなソロピアノを聴かせる。サウンドとしてはディキシーランドのスタイルだが、どことなくニューヨークの洗練された感覚を感じる。若き日のジミー・ドーシーもセッションに名を連ねているようだ。 ★★★☆☆

1.Trumbology
2.Clarinet Marmalade
3.Singin' the Blues (Till My Daddy Comes Home)
4.Ostrich Walk
5.Riverboat Shuffle
6.I'm Coming Virginia
7.Way Down Yonder in New Orleans
8.For No Reason at All in C
9.Three Blind Mice
10.Blue River
11.There's a Cradle in Caroline
12.In a Mist
13.Wringin' an' Twistin'
14.Humpty Dumpty
15.Krazy Kat
16.Baltimore
17.There Ain't No Land Like Dixieland to Me
18.There's a Cradle in Caroline
19.Just an Hour of Love
20.I'm Wonderin' Who

Bix Beiderbecke (cor,p),Bill Rank,Miff Mole (tb),Jimmy Dorsey (cl,as),Frankie Trumbauer (c-melody saxophone),Stanley"Doc"Ryker,Bobby Davis (as),Don Murray (cl,ts,bs,arr),Paul Mertz (p,arr),Irving"Itzy"Riskin,Frank Signorelli (p),Howdy Quicksell,John Cali (banjo),Eddie Lang (g),Chauncey Morehouse,Vic Berton (ds),Bill Challis,Fud Livingston (arr),Adrian Rollini (bass saxophone),Seger Ellis (vo),Joe Venuti (vl),Herman"Hymie"Farberman,Sylverster Ahola (tp),Joe Tarto (tuba)
[Columbia] 4.Feb, 9,13.May, 25.Aug, 9,17,28,29,30.Sep. 1927.N.Y.C.



« スタン・ゲッツ(ts) ジョアン・ジルベルト(g,vo) 『Getz/Gilberto』 | メイン | マイルス・デイヴィス(tp) 『Water Babies』 »

コメント

コメントしてください(承認制)




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)