チェット・ベイカー(vo,tp) 『Chet Baker Sings and Plays』


チェット・ベイカー(vo,tp) 『Chet Baker Sings and Plays』

 3回のセッション('54年2月15日、'56年7月23,30日)からなる『チェット・ベイカー・シングス』の合間、'55年に録音されたチェットの唄もの。こちらは軽快なリズムの曲が多く、バラード曲においてはストリングスが挿入されている。『~シングス』のような閉塞感はないものの唄のほうは相変わらず。良いなあ、このアクビが出るような気だるさ。(笑)はかなくも美しい表題曲[1]がベストトラック。丁寧に音を置いていくかのような歌唱は名トランペッターゆえ。ジャズ的デカダンスの傑作だ。 ★★★★

1.Let's Get Lost
2.This Is Always
3.Long Ago and Far Away
4.Someone to Watch Over Me
5.Just Friends
6.I Wish I Knew
7.Daybreak
8.You Don't Know What Love Is
9.Grey December
10.I Remember You
11.Let's Get Lost [EP Take][Take]

Chet Baker (vo,tp),Russ Freeman (p),Red Michell,Carson Smith (b),Bob Neel (ds),Bud Shank (fl),Corky Hale (harp), & strings
[PacifficJazz] 28.Feb. 7.Mar. 1955.


« ザ・グレイト・ジャズ・トリオ 『At The Villege Vanguard』 | メイン | 『ジャズ・アネクドーツ』 ビル・クロウ(著) 村上春樹(訳) »

コメント