ペギー・リー(vo) 『Beauty and the Beat!』
Amazonで詳細を見る
ペギー・リー(vo) 『Beauty and the Beat!』

 「美女と野獣(Beauty and the Beast)」をもじった粋なタイトルだ。ジャズという音楽は、ロックのようにリズムに乗って身体を揺すると演奏できないのである。ここでのペギーは、ステージにしっかり足を踏ん張って微動だにしない。伴奏を務めるジョージ・シアリング・クインテットが軽快なビートを刻むのとは対照的に、彼女はじつに丁寧に、美しいメロディを唄い上げていく。よって、『Beauty and the Beat!』。[10]で「Don't Cry~」とペギーが唄い出すと、もう全身が溶けてしまいそう。 ★★★★★

1.Do I Love You?
2.I Lost My Sugar in Salt Lake City
3.If Dreams Come True
4.All Too Soon
5.Mambo in Miami
6.Isn't It Romantic
7.Blue Prelude
8.You Came a Long Way from St. Louis
9.Always True to You in My Fashion
10.There'll Be Another Spring
11.Get Out of Town
12.Satin Doll
13.Nobody's Heart [*]
14.Don't Ever Leave Me [*]

Peggy Lee (vo),George Shearing (p),Warren Chaisson (vib),Toots Thielemans (g),James Bond,Carl Pruitt (b),Roy Haynes, Ray Mosca (ds),Armando Peraza (bo, cng)
[Capitol] 29.May.1959.



« クリフォード・ブラウン(tp)他 『Jam Session』 | メイン | ダイナ・ワシントン(vo) 『Dinah Jams featuring Dinah Washington』 »

コメント

コメントしてください(承認制)




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)