クリフォード・ブラウン(tp)他 『Jam Session』


クリフォード・ブラウン(tp)他 『Jam Session』

 傑作ライブ盤『ダイナ・ワシントン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』と同一ロケーションの姉妹作。あの続編だから演奏が良いのは当然だ。「ロッキーのテーマ」で一躍有名になった若き日のメイナード・ファーガソンが繰り出すハイノート、ベテランのクラーク・テリー、そして天才クリフォード・ブラウンという三大トランペッターの競演が聞き物。ダイナ・ワシントンの唄は[2]の一曲のみで、ああ、もうちょっと聴きたいなと思うくらいで終わるのがニクイ。 ★★★★

1.恋とは何でしょう (What Is This Thing Called Love?)
2.ダーン・ザット・ドリーム (Darn That Dream)
3.ムーヴ (Move)
4.マイ・ファニー・ヴァレンタイン(My Funny Valentine)~私のことなど構わないで(Don't Worry 'Bout Me)~ベス・ユー・イズ・マイ・ウーマン・ナウ~春の如く(It Might as Well Be Spring)

Clifford Brown,Maynard Ferguson,Clark Terry (tp),Harold Land (ts),Herb Geller (as),Richie Powell,Junior Mance (p),Keter Betts,George Morrow (b),Max Roach (ds),Dinah Washington (vo)
[EmArcy] 14,Aug.1954


« アート・ペッパー(as) 『The Art Of Pepper』 | メイン | ペギー・リー(vo) 『Beauty and the Beat!』 »

コメント

コメントしてください(承認制)




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)