ハービー・ハンコック(p) 『Maiden Voyage』

ハービー・ハンコック(p) 『Maiden Voyage』

 邦題『処女航海』。まさに”不朽の名作”という表現がぴったりくるハンコックの名盤。トランペットがフレディ・ハバードに変わっただけで、あとはマイルスバンドのメンバー(この時点でサックスはウエイン・ショーターに交代していた)。しかしながら音楽としては、ちゃんとハービーのワンダフルで叙情的な世界が築かれてる。当然演奏の水準は素晴らしく高い。帰ってきたジョージ・コールマンも熱演。 輸入盤あり ★★★★★

1.処女航海 (Maiden Voyage)
2.ジ・アイ・オブ・ザ・ハリケーン (The Eye Of The Hurricane)
3.リトル・ワン
4.サヴァイヴァル・オブ・ザ・フィッテスト
5.ドルフィン・ダンス (Dolphin Dance)

Freddie Hubbard (tp),George Coleman (ts),Herbie Hancock (p),Ron Carter (b),Tony Williams (ds)
[Bluenote] 17.May.1965.Engineer:Van Gelder


« 高槻フィールドアスレチックに行きました | メイン | エロール・ガーナー(p) 『Concert By The Sea』 »