元祖スーパー銭湯・豊中「五色湯」は「日本一の銭湯」か?

豊中市のスーパー銭湯「五色」まで、例によって走って行って来ました。
地元で「五色湯」「五色温泉」といえば有名なんですけど、
マイカーを持たないわたしが豊中市庄内栄町3-24-10に特に用事もないもので、
いままで行ったことがありませんでした。
距離的には当店とそう離れてないのですが、
2週間ジョギングをサボったせいか思いのほか遠く感じられました。
なお、「五色」は銭湯であって天然温泉ではありません。

到着して、少なからず驚かされました。(笑)
たぶん三回くらいは驚いたと思います。(^^;
「日本一の銭湯」「夢の公衆浴場」
の暖簾が頼もしい。

なかなかこれだけ景気の良い謳い文句はつけられんものです。
実際に日本一かどうかは二の次であって、
このコトバのなかに経営者の心意気が込められてる気がします。
当店も「日本一の床屋」「夢の理容室」とは、口が裂けても言えそうにない。(^^;

さて、当然ホームページなど下調べしてから行ったんですが、
想像してたのよりスケールが二まわりほど違いました。
大きいです、何もかも。
通常の2倍はあろうかという広さの脱衣所から内湯の扉を開けると、
さらにその上に階段が伸びてて、二階が浴場になっているのには意表を突かれた。(笑)

天然温泉でないにしろ、気持ちのよい内湯と露天風呂、
カランの数が異様に多いのが印象的でした。

話のタネにと、「どれでも380円」の「うどんコーナー」で「おろしそば」を注文。
湯上りの火照った体によく冷えた麺ののどごしが心地よく、
ちょっと味見のつもりが完食。

最近オープンしたスーパー銭湯と違い、老朽化も感じられるものの、
これだけの施設が年中無休、24時間営業で稼動しているのだから
「日本一の銭湯」の気概に恥じない立派なものだ。
うーん参りました。

関連エントリー
"関西健康ランドの草分「箕面温泉スパーガーデン」"
"住之江区北加賀屋「くつろぎの郷 湯楽(正楽明泉の湯)」"
"天六から徒歩5分「天然温泉なにわの湯」"
"尼崎温泉巡り ”戎湯” ”極楽湯”"
"温泉に向かって走れ!"
"上方温泉一休に行ってきました"
"健康維持にはカネがかかる"
"浪速区スパワールドまで走ってみました"

参考:スパ・ミシュラン

大浴場のある宿検索


« ウォルター・デイヴィス・Jr(p) 『Davis Cup』 | メイン | ソニー・ロリンズ(ts) 『Saxophone Colossus』 »