ソニー・スティット(as) 『Stitt Plays Bird』

ソニー・スティット(as) 『Stitt Plays Bird』

 チャーリー・パーカーのそっくりさんと噂されたスティット。では開き直ってパーカーのレパートリーばかりを演奏するとどうなるか。似てないこともないが、やはりパーカーとは違う。少し軽い。しかしここで特筆すべきは録音の良さだ。リチャード・デイヴィスのベース、そしてジョン・ルイスの弾くピアノの倍音がバッチリ、うまくいけばまるで本物のようなプレゼンスでの再生が期待できる。★★★☆☆

« 関西健康ランドの草分「箕面温泉スパーガーデン」 | メイン | インフラノイズ クロックコンバーターCRV-555 »