リー・コニッツ(as) ウォーン・マーシュ(ts) 『Lee Konitz With Warne Marsh』


リー・コニッツ(as),ウォーン・マーシュ(ts) 『Lee Konitz With Warne Marsh』

 コニッツのアルトとマーシュのテナー、共にフワフワとしたトーンが心地よく、まるで兄弟で唄ったデュオのよう。本盤を買った20年前は、メロディの美しいスタンダード曲が並ぶA面つまり[1]~[4]を愛聴したが、最近は演奏内容の充実した後半が良い。サル・モスカのピアノソロも清々しい[5]がベストトラック。ブルースの[6]も素晴らしい。マイルス・デイヴィス作の[4]は後半リズムがひっくり返って、やっつけ仕事のようにも聞こえるのだが、皆さんはいかがだろう? ★★★★

1.Topsy
2.There Will Never Be Another You
3.I Can't Get Started
4.Donna Lee
5.Two Not One
6.Don't Squawk
7.Ronnie's Line
8.Background Music

Lee Konitz (as),Warne Marsh (ts),Sal Mosca,Ronnie Ball (p),Billy Bauer (g),Oscar Pettiford (b),Kenny Clarke (ds)
[Atlantic] Jun.1955. Engineer:Tom Dowd Cover Photo:William Claxton

Click Here!


« J.R.モンテローズ(ts) 『J.R.Monterose』 | メイン | ハードロックをどっかーんと鳴らしたい »

コメント

このレコード聴くと少し賢くなったような気がします

投稿者 Master : July 14, 2007 05:29 PM

 お邪魔します。
 1〜4がA面ですか。面白いですね。
 じっくり聴くとB面もいいですよね。

投稿者 kumac : July 14, 2007 12:22 PM