関西健康ランドの草分「箕面温泉スパーガーデン」


『京都極楽銭湯案内―由緒正しき京都の風景 』

 まさか温泉でこれほど盛り上がるとは思わなかったので書かなかったけど、こうなったら去年の年末に行った「箕面温泉スパーガーデン」の話もついでに書いとこう。
 スパーガーデンは、わたしが子供の頃に、よく父に連れられて来たものだ。昔は滝までの参道に、大きな馬に引かれた馬車が通っていて、その迫力に圧倒された。いまはエレベーターで味気なくなってしまったが、ケーブルカーに乗って山上へと登るシチュエーションには、子供心に何か特別な場所にやってきたのだという興奮があった。

昇るだけで100円取られると評判の悪いエレベーターは、
このケーブルカー時代の名残なのだ。

今回はジョギングではなくて娘ひとり同伴、つまり子守りである。 

大人になってからも何度か来たことはあったのだが、
スパワールドなど大規模なスーパー銭湯の台頭で、
大阪市民も少々のことでは喜ばなくなっている。
シャンプー、ボディシャンプー常設が当然の業界にあって、
置いてあるのはいまだレモンの形をした石鹸のみ。
老朽化も進み、スパーガーデン全盛時代は去ったようにも見えた。
漫画家志望の似顔絵描きも、もう居ない。

「栄華を誇ったスパーガーデンももうダメかもしれんな」
と、幾分寂しく思いながら、今回は娘と滝までの参道を歩いて登ってみることにした。
お猿さんと出会えるかもしれないよ。

意外なことに、阪急箕面駅の改札を出ると、空気がまるで違っていた。
大滝から発生するマイナスイオンのせいか、温泉の効能か、
それとも山の空気のせいなのかはわからない。
わたしは子供の頃と同じ、「特別な場所にやってきた」という感覚を味わっていた。

紅葉の残る沢のせせらぎの音を聞きながら、
三歳の娘の手を引いて滝まで歩くのは、とても幸せな気分であった。
いくら最新設備の温泉が頑張ったところで、この自然の前に勝ち目はない。
この沢のいたるところに精霊が居るようだ。
スーパー銭湯に精霊はたぶん居ない。(^^;

スパーガーデンも生演奏やったり、浴室も手を入れたりして営業努力してるようだし、
この自然があるかぎり、箕面もまだまだ捨てたもんじゃないな、と、あらためて思った。

※箕面市温泉町1-1(Yahoo!地図) Tel:072-723-2325 営業時間 10:00~19:00 入場料10:00~17:00大人1300円 小人700円 3才以下無料 、 17:00以降大人700円 小人400円(但しこの時間になると館内施設の大半が閉店)  ホームページ割引券シャンプー等なし。石鹸のみ。


関連エントリー
"住之江区北加賀屋「くつろぎの郷 湯楽(正楽明泉の湯)」"
"天六から徒歩5分「天然温泉なにわの湯」"
"尼崎温泉巡り ”戎湯” ”極楽湯”"
"温泉に向かって走れ!"
"上方温泉一休に行ってきました"
"健康維持にはカネがかかる"
"浪速区スパワールドまで走ってみました"

参考:スパ・ミシュラン

大浴場のある宿検索


« ジュリー・ウィルソン(vo) 『Julie Wilson Sings the Cy Coleman Songbook』 | メイン | ソニー・スティット(as) 『Stitt Plays Bird』 »