ダイアナ・クラール(vo,p) 『When I Look in Your Eyes』


ダイアナ・クラール(vo,p) 『When I Look in Your Eyes』

 こんなのわざわざ紹介しなくたって皆知ってるだろう、と、勝手に思い込んでた。考えてみたらサッチモもマイルスも知らない人が多いのに、ダイアナだけ知ってるわけがない。多分ジャズ界で今いちばん売れてる歌手。商業主義だ、昔のほうがよかったと言いつつ、こうして聴いてみるとやっぱりうまい。ちょっとした節回しなど紛れもなくジャズのそれで、本盤が一級品のエンターテイメントであることに違いない。綺麗な服を着せて、豪華なオーケストラに伴奏させれば、誰でもシンデレラになれるわけじゃないのだ。恐れ入りました。 ★★★☆☆

1.Let's Face The Music And Dance
2.Devil May Care
3.Let's Fall In Love
4.When I Look In Your Eyes
5.Popsicle Toes
6.I've Got You Under My Skin
7.I Can't Give You Anything But Love
8.I'll String Along With You
9.East Of The Sun (And West Of The Moon)
10.Pick Yourself Up
11.The Best Thing For You
12.Do It Again
13.Why Should I Care

Diana Krall (vo,p),Russell Malone (g),John Clayton,Ben Wolfe,Chuck Berghoffer (b),Jeff Hamilton,Lewis Nash (ds),Larry Bunker (vib),Alan Broadbent (p),Pete Christlieb (sax)
[Impulse!] 1999.NYC.


« 「あらゆるノウハウを投入」はやめとこう | メイン | チャーリー・パーカー(as) 『BIRD/Soundtrack』 »