エラ・フィッツジェラルド(vo) 『Ella in Berlin : Mack the Knife』
Amazonで詳細を見る
エラ・フィッツジェラルド(vo) 『Ella in Berlin : Mack the Knife』

 手っ取り早くジャズを理解するには、スタンダードナンバーをそっくり憶えてしまうのが近道だ。エラの代表作の本盤など好適。おそらく彼女の声を聴いて不快に思う人は少ないだろう。ハツラツとした美声。抜群のスイング感。ベルリンの聴衆の興奮が見えるようだ。ルイ・アームストロングを真似て唄う[16]、変幻自在にスキャットが展開する[18]は聴くたび舌を巻く。なお、クレジットにある「Applause」とは曲名でなく「拍手」のこと。★★★★★

1.Applause
2.That Old Black Magic
3.Our Love Is Here To Stay
4.Gone With The Wind
5.Misty
6.Applause
7.Lady Is A Tramp
8.Applause
9.The Man I Love
10.Love For Sale
11.Just One Of Those Things
12.Summertime
13.Too Darn Hot
14.Applause
15.Lorelei
16.Mack The Knife
17.Applause
18.How High The Moon?
19.Applause

Ella Fitzgerald (vo),Paul Smith (p),Jim Hall (g),Wilfred Middlebrooks (b),Gus Johnson (ds)
[Verve] 13.Feb.1960. West Berlin


« ソニー・クラーク(p) 『Cool Struttin'』 | メイン | アート・ヴァン・ダム(accord) 『The Van Damme Sound/Martini Time 』 »