ジャッキー・マクリーン(as) 『Bluesnik』


ジャッキー・マクリーン(as) 『Bluesnik』

  「ビートニク」ならぬ「ブルースニク」。なんとも凄いタイトルだ。いま本盤に凝ってる。全曲ブルースで、聴けば聴くほどに味が出る。メンバーがいいね~。ケニー・ドリューの黒っぽいピアノに、フレディ・ハバードのトランペット。ホントうまいよなあ。[2]と[3]のソロを聴き比べてみよう。[2]が本テイクだけれども、[3]の3分を超えたあたりのマクリーンと、それを引き継ぐハバード、そしてドリューのコブシを利かせたエンディングが見事。俺たちブルース族。 ★★★★

1.Bluesnik
2.Goin' Way Blues
3.Goin' Way Blues [Alternate Take]
4.Drew's Blues
5.Cool Green
6.Blues Function
7.Torchin'
8.Torchin' [Alternate Take]

Freddie Hubbard (tp),Jackie McLean (as),Kenny Drew (p),Doug Watkins (b),Pete La Roca (ds)
[Bluenote] 8.Jan.1961.Englewood Cliffs,N.J. Engineer:Van Gelder


« 電話会社諸君、いい加減にしたまえ!キミタチちょっと失敬だぞ! | メイン | ビル・エヴァンス(p) 『Everybody Digs Bill Evans』 »