『The Young Lions』


『The Young Lions』

 当時ヴィージェイで売出し中だった若手実力派、リー・モーガン、フランク・ストロジャー、ウエイン・ショーター、ルイス・ヘイスの4人を一同に会してのセッション。題して『ヤング・ライオンズ』とはまるで野球チームのようだ。実質上のリーダーシップを取ってるのはやはりショーター。モーガンやストロジャーだって勿論イケテルが、この頃のショーターは暴れ出すとちょっと手におえない。個人的にはマイルス・バンド参加以前、つまりこの頃のショーターがいちばん好き。 ★★★★

1. Seeds of Sin [Master Take]
2. Scourn' [Master Take]
3. Fat Lady [Master Take]
4. Peaches and Cream [Master Take]
5. That's Right [Master Take]
6. Seeds of Sin [Alternate Take][#]
7. Scourn' [Alternate Take][#]
8. Fat Lady [Alternate Take][#]

Lee Morgan (tp),Frank Strozier (as),Wayne Shorter (ts),Bobby Timmons (p),Bob Cranshaw (b),Louis Hayes,Albert Heath (ds)
[VeeJay] 25.Apr.1960.


« 『Blue Break Beats / Various』 | メイン | ダイナ・ショア(vo) 『Moments Like These』 »