ワーデル・グレイ(ts) 『Wardell Gray Memorial,Vol.1』

ワーデル・グレイ(ts) 『Wardell Gray Memorial,Vol.1』

 いい音だなあ、とつくづく思う。テナーの音はこうでなくっちゃ。少々S/Nが悪かろうがノイズが乗ろうが、わたしにとっての優秀録音とは、まさしく本盤のような音で録れてるレコードのことだ。別テイクがいっぱいあって困るだろうから見繕ってさしあげよう。ヒットした[1]、バラードの[6]、[14]は1949年の録音、そして'53年録音の[17]は当時としては斬新なアレンジがキマッテいる。プレスティッジのプロデューサー、ボブ・ワインストックは、この演奏のことが頭にあって、マイルスに同曲を演奏させたのではあるまいか?ちなみに本セッションがソニー・クラークの初録音。 ★★★★

1.Twisted
2.Twisted [Alternate Take] [3 Alternates][*]
3.Twisted [Alternate Take]
4.Twisted [Alternate Take]
5.Easy Living [Alternate Take][*]
6.Easy Living [Alternate Take]
7.Southside
8.Southside [Alternate Take]
9.Southside [Alternate Take]
10.Southside [Alternate Take]
11.Southside [Alternate Take]
12.Southside [Alternate Take]
13.Southside [Alternate Take] [6 Alternates][*]
14.Sweet Lorraine
15.So Long Broadway
16.Paul's Cause
17.Man I Love
18.Lavonne

Wardell Gray (ts),Teddy Charles (vib),Frank Morgan (as),Al Haig,Phil Hill,Sonny Clark (p),Tommy Potter,Johnny Richardson,Dick Nvison (b),Roy Haynes,Art Mardigan,Larry Marable (ds)
[Prestige] 11.Nov.1949, 25.Apr.1950, 20.Feb.1953.



« プロ用バリカン”WAHL” | メイン | マイルス・デイヴィス(tp) 『Musings Of Miles』 »