オリバー・ネルソン(as,ts) 『Screamin' The Blues 』


オリバー・ネルソン(as,ts) 『Screamin' The Blues 』

 エリック・ドルフィー参加。とすれば、難解で前衛的な作品かと構えて聴いたら肩透かしを食らう。リズム・アンド・ブルース調の[1]。ぜんぜん難しくない。むしろやさしすぎるくらい。全曲ファンキーかつ明快な曲想だ。例によってドルフィーのソロだけは我が道を行く。どちらかといえばアレンジャーとしてのほうが有名なネルソンだが、サキソフォンの腕前もなかなかだ。勇ましいマーチのリズムのなか、ドルフィーが倍速でつむじ風のように駆け抜ける[2]がカッコイイ。 ★★★★

1.Screamin' The Blues
2.March On, March On
3.The Drive
4.The Meetin'
5.Three Seconds
6.Alto-Itis

Oliver Nelson (as,ts),Richard Williams (tp),Eric Dolphy (as,bass cl),Richard Wyands (p),George Duvivier (b),Roy Haynes (ds)
[NewJazz(Prestige)] 27.May.1960. Engineer:Van Gelder


« クリフォード・ジョーダン(ts) 『Bearcat』 | メイン | 尼崎温泉巡り ”戎湯” ”極楽湯” »