ソニー・ロリンズ(ts) 『Sonny Rollins Vol.2』


ソニー・ロリンズ(ts) 『Sonny Rollins Vol.2』

 バップ調の[1]もJJジョンソンが入ると勇壮な感じがする。トロンボーンという楽器の音色に喚起させるものがあるのだろう。[2]でアート・ブレイキーがシャァァン、シャァァンと頻繁に放つシンバル音がたまらない。ううう、もうこの二曲だけでお腹いっぱい。もう食えん。しかし[3]でモンクが登場。ピアノソロが終わると、曲の途中でホレス・シルバーに交代する。シルバーがバッキングすると俄然ファンキー!もうたまらん![4]はJJ、シルバーが抜けたカルテットでのバラード演奏。本盤はまるで豪華フルコースのご馳走のよう。重箱の隅の黒豆をつつくように[6]を愛でる。こんなのを唄わせたらロリンズは最強。輸入盤 ★★★★★

1.ホワイ・ドント・アイ
2.ウェイル・マーチ
3.ミステリオーソ (Misterioso)
4.リフレクションズ
5.ユー・ステップト・アウト・オブ・ア・ドリーム
6.プア・バタフライ (Poor Butterfly)

Jay Jay Johnson (tb),Sonny Rollins (ts),Horace Silver,Thelonious Monk (p),Paul Chambers (b),Art Blakey (ds)
[Bluenote] 14.Apr.1957. Engineer:Van Gelder


« 「両スピーカーの間には何も置くな!」の真実 | メイン | クリフォード・ジョーダン(ts) 『Bearcat』 »